2005年01月09日

発覚

キキの耳だれが気になったので、昨日初めて動物病院に行ったところ、外耳炎と診断されました。
キキの体を入念に触診した獣医さんは、「ちょっと気になる所が・・・」と言いました。
何かと思い、パパと目を合わせました・・・
獣医さんはこう言いました。
「タマが両方とも見当たらないんです・・・来月で成犬ですよね?どうやらこの子はお腹の中に2つともあるみたいです。遺伝的なもので降りてこない子もいるんです。残念ですが、繁殖機能はないと考えられます・・・」

「・・・」

私達は言葉を失いました。
初めから繁殖させる気はなかったのですが、いざそう言われるとさすがにショックでした。
若いうちに、お腹からタマを取り出す手術が必要だそうです・・・
キキの場合、それが去勢手術になるらしい。

でも、獣医さんいわくオスもメスも去勢・避妊しないと病気になる確率が上がるので、した方が良いとのことでした。
この事が発覚しなければ、去勢するつもりはなかったので悲しむのはやめます(T_T)

きっと動物って人間よりもナイーブなんですね・・・
同じ症状のわんちゃんをお持ちの方がいらっしゃいましたら、色々と教えて頂ければと思いますm(_ _)m
posted by カズミン at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。